ホーム > 矯正装置・治療法紹介

矯正装置・治療法紹介

リンガル矯正

  • リンガル矯正のイメージ
  • リンガル矯正のイメージ

今まで、矯正歯科治療を受けようとする方にとってネックとなっていたのが、金属の装置が歯の表面に付き、目立つことでしょう。そのため、矯正歯科治療に興味があっても治療に踏み切れない場合も多く見られました。
確かに人前で話す機会が多い人や、年頃の女性にとっては、目立つ矯正装置を付けることは、かなり勇気のいることかもしれません。

そこで「見えない矯正装置」による治療法によって、「いつのまにか」きれいな歯並びを得ることが可能です。
しかし、従来の方法より治療期間が長く、1回の治療時間も長い時間が必要です。また、治療費も従来の方法より割高になり、適応される症例にも制限があります。

セラミック矯正

セラミック矯正のイメージ

セラミックブラケットは半透明で目立ちにくく、矯正器具の見た目を気にされる方には大変お勧めです。ただ、欠点といたしましてセラミックブラケットは金属製ブラケットに比べて破折や破損の危険性が高く、大きな力が加わる奥歯などには使用することができません。

セラミックブラケットの使用により、ブラケット自体は目立たなくなり、矯正治療の1番の問題点、「目立つ」という部分を解消することができます。

デーモンシステム

デーモンシステムのイメージ

矯正歯科としては先進国であるアメリカで開発され、既に高い評価を得ています。理由は、従来の矯正歯科装置のように直接ワイヤーを縛り付けないので摩擦が少なく、優しい力で歯の移動が可能となったからです。
結果、

  • 治療期間と通院数が短縮
  • 優しい力でワイヤー痛の減少
  • 歯周組織が綺麗になる
  • 矯正治療での抜歯の可能性が減少
  • 清掃性の良い清潔な矯正器具
  • 治療期間と通院数が短縮

といった事が実現可能となりました。

デーモンシステムの ホームページはこちら

インビザライン

インビザラインのイメージ

インビザラインは、透明で取り外し可能なマウスピースです。3次元コンピューター画像技術を駆使し、治療開始から終了までの過程で緻密なシミュレーションを行います。そして、シミュレーション結果に基づき、それぞれの患者さんの症例にぴったり適合した一連の「インビザライン・アライナー」をカスタムメイドで製造します。患者さんは、矯正歯科医の経過観察のもと、装着するインビザライン・アライナーを交換していくことで、歯が徐々に移動します。順次装着することで、キレイな歯並びへと変化をしていきます。
※尚、症例によっては適応できない場合もありますので、一度ご相談下さい。

クリアアライナー

クリアアライナーのイメージ

透明ラミネートを用いた最新の取り外し可能な矯正装置です。
クリアアライナーは各段階ごとに模型を作製し、Aligner Aid Programというコンピュータソフト上で移動量・回転角度などを計測することによって、簡便かつ正確な歯の移動をしていきます。
※尚、症例によっては適応できない場合もありますので、一度ご相談下さい。

  • 治療前
  • 治療後

クリッピーC

クリッピーCのイメージ

CLIPPY-Cは、トミーインターナショナル社のセラミック素材のセルフライゲーションブラケットです。

セルフライゲーションブラケットとは従来のブラケットと比べ、ワイヤーとブラケットをゴムや結紮線で固定せず治療を行う事が可能なブラケットです。これにより、ワイヤーとブラケットを固定すると生じていた摩擦(障害)が抑えられ、歯の移動がスムーズになったり、小さな矯正力で歯を動かせるので、痛みが軽減したりすると言われています。

〒440-0806
愛知県豊橋市八町通3-12-3

診療時間
10:00~19:00(完全予約)
休診日
木曜日、日曜日(月に1日診療)、祝祭日、
毎月1~2日の研究日

お問い合わせ 詳しくはこちら